企業と社員を「」け、
「成」長に導くお「」が、助成金

助成金とは

厚生労働省の助成金は「国が、雇用環境改善のためにしてほしいことを、いち早く実施した企業に対するご褒美」です。

そして、人と企業を「助」けて「成」長に導くお「金」でもあります、だから助成金なのです。

厚生労働省の助成金は、雇用保険の事業主負担分が財源(ざっと8,000億円)です。経済産業省の補助金のような競争採択ではなく、要件に該当し正しく申請すれば、もれなく受給でき、しかも返済不要です。また、財源は、雇用保険の企業負担分が原資で、ある意味払った保険料を取り返すという考え方もできます。

補助金助成金
管轄経済産業省厚生労働省
対象新規事業
国が求める事業
雇用
労働環境の改善
競争性あり
他の応募者との競争
なし
要件に該当すれば
100%受給
共通点後払い
毎年変わる
融資ではないので返済不要

助成金にはたくさんの種類がありますが、弊所は、以下の「人と企業の成長に繋がる助成金」獲得が得意です。

  1. 人材育成に関する助成金
  2. 人事制度設計に関する助成金
  3. 職業能力やモチベーションを高めるための助成金
  4. 従業員の仕事と生活の両立を支援する助成金

助成金の活用し働き方改革をしよう

しかし、厚生労働省の助成金は、もちろん「ただくれる」わけではありません。くりかえしますが、ある意味、助成金は国が求めている「雇用環境の改善」をいち早く行った企業に対するご褒美なのです。したがって、国は助成金申請の際に、出勤簿、賃金台帳、雇用契約書、就業規則等の提出を求め、それらが法律的に正しいかをチェックしてきます。

そのチェックにきちんと応えられるものに普段からなっているか。企業の問題点を把握し、助成金の要件に合うように改善のアドバイスをしながら、助成金申請手続きを行います。

*なお、助成金申請に関してスポット的なご依頼は受け付けておりませんのでご了承ください。